検索エンジン登録の有無について

検索エンジンとは

検索エンジンとは検索エンジンとは、いわゆるグーグル検索・ヤフー検索などです。

ネット検索は大抵グーグルかヤフーを使ってキーワード検索をします。

検索結果には何千・何万といった検索結果サイトが表示されます。

この検索結果に表示されるためには検索エンジンに登録する必要があります。

登録と言っても大抵はURLを取得した時点で検索に引っ掛かるように、要は検索エンジンに登録はなっています。

詐欺要素なしの出会える系優良サイト一覧

優良出会い系サイト

出会い口コミ寺にてユーザー評価が高く、詐欺要素もない出会える系サイトはユーザー評価の高い優良出会いサイトにて紹介しています。


現在、最も評価の高い優良サイト

サイト名:ワクワクメール
公式URL:http://550909.com/(18禁)
ワクワクメール

検索できない設定も可能

しかしサイトに検索エンジンのキーワード結果に表示されない様にする設定もできます。

ネットでのサービスを行うに当たって検索エンジンの登録は必須と言えます。

会員制サイトでも、登録前のサイトは検索結果に出すのが当たり前です。

検索ブロックするのは、個人情報があるサイトページです。

悪質サイトはそこを利用

悪質な業者は会員以外にサイトを見られるのを嫌います。

少しでも自分たちが表に出ない様にする為です。

一応、URLを打ち込む窓に直接URLを打ち込めばサイトを直接表示する事は可能です。

悪質なサイトで稀に「会員数国内最大」「支持率NO.1」とかの文言を謳っている場合がありますが、そもそも検索できないのに「最大」とか「NO.1」とかあり得ません。

「口コミで広まった」などもっての外です。

世界規模でサイトURLをTVCMしまくればできるかもしれませんが…

検索できても

酷いサイトの場合、検索できるページは世間体用・もしくは警察に見せる用だったりします。

この場合、登録しても会員がいなかったりします。

(返信が来ない・もしくは会話の通じない自動返信会員はいる)

しかしURLにちょっと工夫を付け加えると利用規約が変わり極悪仕様になったりする酷いサイトも存在します。

もしくはスマートフォン、パソコンのアクセスの違いでサイトの規約が変わったりする場合もあります。

あえて検索順位を落とす

サイト名をありふれた名前にすれば、検索結果も膨大な量になり、検索順位の上位に入る事は難しくなります。

良く使われる言葉はネットにも膨大なページがあるので、相当なSEO対策(検索結果を上げる対策)をしないと上位表示は不可能です。

なので普通の企業は独自の言葉などで検索しやすいように対策します。

しかし悪質業者は逆を行き、サイト名を数字の「1」にしたり、「A」などの一文字だったり、「アットマーク」と良く使われる言葉にしたりします。

そうなると検索で探すのは、かなり難しいです。

ネットサービスで検索できないサイトは致命的以外なにものでもありません。

PAGE TOP ↑