規約から読み取るサクラサイトの要素

規約を読んである程度サクラサイトか分かる

規約から読み取るサクラサイトの要素

規約から読み取れる、サクラサイトと思しき要素の基準を説明致します。

ちなみにサクラ行為を説明する規約内容は「免責」「サイト概念」に良く見られます。

詐欺要素なしの出会える系優良サイト一覧

優良出会い系サイト

出会い口コミ寺にてユーザー評価が高く、詐欺要素もない出会える系サイトはユーザー評価の高い優良出会いサイトにて紹介しています。


最も評価の高い優良サイト

サイト名:PCMAX
公式URL:https://pcmax.jp(18禁)
PCMAX


真偽等を保証しない

良く見られるのが

交流や交際、それに付帯する情報等の完全性、正確性、有用性、安全性、真偽等を保証するものではない

の類です。

これは真っ当な規約とも言えます。

現にサクラのいないPCMAXにも使われています。

というのも、ユーザーが書き込んだ内容が本当かどうか全てをチェックするのは不可能です。

全ての人のウソを見抜けない、と言う内容と同等なので。

しかし、これをサクラ行為に対する言い訳にする悪質なサイトも多いです。

正直PCMAX以外でのこの規約は信用しない方が得策と言えるでしょう。

キャラクターを通してヴァーチャルな~

これは真っ黒と思われる内容です。

例としては

本サービスに関しまして会員様がニックネームを用い自由に任意のキャラクターを制作し、キャラクターを通してメールによるヴァーチャルでのコミュニケーションを楽しむ場を提供するサービスであり、出会いそのものを提供するサービスではない事を、会員様は了承するものとします。

です。

読み解いてみると

・サイト内ではアナタは「キャラクター」

・キャラクターは自由に設定できる

・プロフィール・メールも自由に表現できる

・あくまでも作られたキャラクター通しの会話

・なのでサイト内はバーチャル(仮想)空間が前提

・なので出会いを目的としたサイトではないよ

と解釈できます。

要はやり取りしている相手はネット内の人物で、実在はしない、と言う事です。

つまりサクラと解釈して何ら問題ないと思います。

多少の誇張表現を使って

これも真っ黒な内容と思われます。

例えば

会員は異性の関心をひく為に、自己の身分上、及び、財産上の情報を多少の誇張表現を使って、提供することができる。

です。

「多少の誇張表現」と曖昧で誇張表現に対する境界線を示していません。

なので極論を言えば「人間と言う事以外は全て誇張」でもOKとも取れます。

つまりサクラとして解釈しても問題ないと思います。

サイト活性化の為

これも真っ黒です。

例えば

本サービスは、利用者間のコミュニケーションを行う場が目的としている為、場合によっては本サービス全体の活性化に向けて当社社員・アルバイトがイベントメール・一般メール・キャンペーンを通してサポート対応する場合があります。

です。

社員やアルバイトが一般メールをしている時点でサクラ行為と取れます。

一応「対応する場合が」とありますが、サクラサイトは一般会員とやり取りできないシステムです。

なので全ての人が「たまたま社員・アルバイトが対応した」とも言えます。

なのでこのような規約もサクラとして解釈しても問題ないと思います。

相談調査員を常勤

これも真っ黒です。

例えば

青少年のインターネット利用に係る非行及び犯罪被害防止対策の推進の為、提供サービスの一環として独自の視点で会員の悩みの相談の為、本サービスの利用方法の案内の為、日常会話の為、その他会員固有の様々な悩みの相談相手として相談調査員を常勤させています。番組内会員向けメール配信システムにてメール送信を行い、独自開発された返信用応対画面にて会員よりのメールを受信し、その内容に沿った返信を行います。

長い文章で、それっぽい事が書いてあります。

しかし「日常会話の為」「内容に沿った返信」などとあります。

なので相手が実在の人間だと思ってメールのやり取りをしても、相談調査員が相手でしたという内容です。

もちろん相談調査員が相手だとしてもメール料金は取られるでしょう。

多分アドレス交換代の類なども請求されると思います。

サイト活性化の内容と同じく、全ての人が「相手がたまたま相談調査員」というオチかと思います。

なのでこのような規約もサクラとして解釈しても問題ないと思います。

PAGE TOP ↑