WHOISについて

WHOISとは

WHOISとは

要はURLの所有者情報

難しそうな名前ですが、単純に

「このURL(ドメイン)は誰のモノか」

みたいなものです。

※ドメインとはURLの「http://○○○.com/」の「○○○.com」の部分です。

(.com以外にも.jp・.net・.mobiなど他多数)

同じドメインは存在しません。

URLを取得する際に登録者情報を入力し、誰でも閲覧できるようにします。

詐欺要素なしの出会える系優良サイト一覧

優良出会い系サイト

出会い口コミ寺にてユーザー評価が高く、詐欺要素もない出会える系サイトはユーザー評価の高い優良出会いサイトにて紹介しています。


最も評価の高い優良サイト

サイト名:PCMAX
公式URL:https://pcmax.jp(18禁)
PCMAX


WHOIS代行とは

WHOIS代行は登録者情報を第3者の情報で公開する事です。

URLを取得する時は大抵取得サービス会社で取得します。

その際にサービス会社がWHOIS情報を代行して公開できる場合があります。

WHOIS情報は取得者の名前だけでなく住所や電話番号まで後悔されます。

なので個人でURLを取得しサイトを開設した場合は、思いっきり個人情報を全世界に公開してしまうようなものです。

この時にWHOIS代行を使えば個人情報を守れます。

またドメイン登録者に対して連絡を取りたい場合はWHOIS代行に記載された情報を介して連絡を取る事が出来ます。

悪徳会社によっては

基本、企業でURLを取得した際はWHOIS代行を使う必要がないと思います。

真っ当なサイトであれば企業名を隠す必要がないからです。

悪徳会社はサイトの会社情報をデタラメに載せて、WHOIS代行を使い、あくまでも自分たちの情報を隠す傾向にあります。

またWHOIS代行を使っていなくとも、WHOIS情報自体がデタラメだったりする場合もありますが…

例外も

URLを取得した時期が大分前の場合、企業サイトでもWHOIS代行を使っている場合があります。

恐らくネットの知識が未だ曖昧だった頃なんかに、とりあえずWHOIS代行を使ってしまったんじゃないかと。。

また取得した担当がネット知識に明るくなかったり…なんて場合もあります。

なので企業サイトのURLがWHOIS代行を使用していたら悪徳確定、とは言い切れません。

当サイトではあくまでも指標の一つとさせて頂いてます。

PAGE TOP ↑